我風土が永い年月をかけて生み出した日本の銘石をご紹介します。
ご先祖をお祀りするに相応しい伝統と風格を最高品質にこころを込めて澤田石材店が保証致します。
国産石材を用いる場合、採石地名・原石名を記載した「石材原産地証明書」を発行致します。最高品質である日本の銘石を澤田石材が保証致します。
←をクリックすると拡大します。
岡山県笠岡市北木島で産出。我が国の墓石材としては、歴史も古く代表的銘柄の一つで、北木石の中で瀬戸細めは、特に関東方面には馴染みのある墓石で、石質は硬く、変色しにくい。赤色系で色調に濃淡があり美しい。
香川県高松市の東、庵治、牟礼両町にまたがる五剣山で採掘される「天下の銘石」。青みを帯びた石目に、鱗状のかすかな模様が群青のように浮かぶ世界一高価な最高級品質墓石材。
古代邪馬台国伝説の残る、佐賀県東松浦郡七山村より産出。青深く透明度の高い石目は、国産石材の中で最も吸水率が低く、堅牢度もNo.1。建立時の美しさを永遠に保つ九州の銘石です。
瀬戸内海に浮かぶ大島で産出。青味を帯びた石質は細粒で固く艶持ちが良い上に変色しにくい。国内を代表する花崗岩産地。「大島」が送り出す西日本建墓数No.1の銘石。
いにしえの陸奥より産出される「幻」の超糠目石。関東から中部圏で絶対的人気を誇る青系糠目石です。色濃くほんのりした「斑」があるのが特徴の国産高級墓石材です。
岡山県特産。淡紅色のカリ長石を含み美しく華やいだ風合いを持つ。その美しさから墓石以外にも伊勢丹ビル、明治神宮絵画館などの建築やモニュメントにも多く用いられています。
茨城県筑波山魂の加波足尾を中心とする南北18km、東西44kmにおよぶ山地一帯から採石。やさしく美しい光沢を持ち、永年風雪に変化のない安定した石質は、墓石から外棚まで、幅広く用いられています。その安定性から、迎賓館赤坂離宮、日本銀行本店などの建築にも広く用いられています。
みちのく福島県産の良質みかげ石。細目の粒子が美しく、気品をそなえた深みのある色合いが人気です。永年の風化にも耐える石質で、建立後も孫子(まごこ)の代まで安心です。
厳しい自然環境のもと、みちのくを代表する超高級墓石材です。かの小野小町ゆかりの地。福島県田村郡小野町より産出。国産墓石材では極めて珍しい黒色の糠目石。緻密で強固な石質と永遠の光沢を併せ持った御影石です。
福島県田村郡小野町の黒石山から産出。黒地の中に金色の斑が混じり、それが浮き上るが如く、絹糸状に金の光を放つ斑れい岩です。国内唯一の最高級黒みかげです。
みちのくの石材産地では、唯一大材の取れる青葉の様な色調をかもし出す耐久性のあるみかげ石。福島県相馬郡飯館村の南部にある戦山から産出。全国的に墓石から、外棚材まで幅広く用いられている。
筑波山魂の加波山を中心とする山地一帯から採石。美しい光沢と、加工のしやすさが特徴。外棚用の長尺材も豊富に取れ、関東から北陸方面にも知れ渡る東日本を代表する銘石。